スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロチップ入れました

2007/09/03 Mon

今日から英会話レッスンが週1→週2になりました。
月曜日は新しい先生に。
今までのJ先生もアメリカ人で明るくオーバーアクションでいわゆる「アメリカじ~ん!!」って感じ(笑)
新しいS先生もアメリカ人なんだけど(?)、口調がと~ってもゆっくりでと~っても物静かな感じ。
・・・はっきり言ってとても暗いっ(大汗)
今日がはじめてってこともあってとっても疲労した2時間でした・・・。
J先生はおしゃべりなので話し出すと止まらなくて
こちらが理解してるのかどうかお構いなしなところもちょっとあります(苦笑)
でも楽しいからJ先生の方が好きだな~。
S先生は自分が話すよりもわたしにたくさん話させようとしてくれます。
その方が勉強になるんだけど・・・大変(大汗)
まだまだ続く英会話レッスン・・・頑張ろう・・・(弱気だわ)


先週の土曜日ようやくマイクロチップを入れました!
来月ウェルの8種混合ワクチンがあるのでその前に入れたほうがいいかなってことで。
ザックとウェルに入れたマイクロチップ(MC)はデジタルエンジェル社の「ライフチップバイオサーモ」。
MCの中でも体内で移動しにくいと言われているらしく、バイオサーモは体温センサーも組み込まれているので
専用のリーダーで体温も測定できます。
・・・でもいつも行っている獣医さんには古いリーダーしかなくてこの体温が測定できないんだって・・・(涙)
この際リーダー買ってしまおうか・・

MCを装着するための挿入針が・・・思った以上に太かった!!
通常予防接種するときの針の太さは0.6~0.8㎜だそうで、MC挿入針は約2.0㎜。
実際わんこに聞いてみないとわからないけど、予防注射と同じぐらいか少し痛い程度だそうです。
ザックは無反応だったけど、怖がりウェルは思ったとおり「ひゃんひゃ~ん!!」とか細い声で鳴いてました(TT)
挿入後リーダーで番号を読み取れるかチェック。
何度もリーダーをかざさないと読み取りができなくて、
もし迷子になったときMC入ってるって知らないのに何回も何回もかざして探してくれるのかな?
・・・ってちょっと、いやかなり心配。

2004年11月から動物検疫システムが変わったので日本入国の際ISO規格のMCが必要になりました。
検疫

日本ではISO規格のMCが主流だけどアメリカのMCは非ISO規格のもの。
ISO規格のMCの場合、到着予定港の動物検疫所にリーダーがあって読み取りが可能だけど
動物検疫所のリーダーで読み取りができないMC(非ISO規格のものなど)のときはリーダーを持参しないと
入国できないようです。
事前に到着予定港の動物検疫所で確認したほうがいいそうです。
でもな~、アメリカでISO規格のMC読み取りに苦労したという話を聞くからやっぱりリーダー買おうかなあ・・・。
家で体温も計れるし!

*マイクロチップについて詳しいことが書いてあるサイト*
日本ヴェッツグループ
農林水産省動物検疫所
スポンサーサイト

コメント

Secret

365カレンダー
ZACはいくつになったの

WELはいくつになったの

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

まっきい

Author:まっきい
夫と愛犬ザック&ウェルと一緒に田舎暮らしを満喫中。
趣味のハンドメイド、パン焼きをしながら日々のんび~り暮らしています。

お天気
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。